じぶん銀行


カードローン

一押しの≪低金利≫銀行カードローン!
三菱東京UFJ銀行カードローン 銀行系カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローンはとにかく低金利で借りたい方にお勧めの無担保ローンです。総量規制対象外のローンですので、専業主婦の方でも利用可能です。誰もがよく知っているメガバンクのカードローンなので安心して利用できるのも人気の秘密です!

 申込はこちら



じぶん銀行カードローンの金利

 

じぶん銀行のカードローンは金利が低いか?

 

この部分を考えるとハッキリ言えば、銀行系の他の商品からすると金利は「やや高め」の傾向と判断します。

 

 

銀行系のカードローンの場合、多くが4%前後から15%弱と言う商品が多いのですが、じぶん銀行のカードローンの場合は、最低金利の方は略他の銀行系カードローン商品と同じぐらいですが、最高金利をみると17.5%と消費者金融並みの金利なので、場合によっては高く金利がつけられる場合もあるし、安く済む事もあるとは考えられ、全体に考えるとやはり「やや高め」傾向の金利商品である事は言えると思います。

 

又じぶん銀行カードローンを借りる場合、このやや高い金利部分ともうひとつ認識してお金ければいけない部分があり、それが「変動金利」であるという事。

 

 

変動金利とはどんなものか?

 

変動金利とは、その名前通り金利が変わるというもので、借入れした当時は4%程度の金利が状況により5%になる事もあり、7%もしくは10%になるという事で、尚且つじぶん銀行の場合は予告なしに変動金利なので「状況により金利は変えますよ」としています。

 

ですから、そうした部分を考えるとじぶん銀行のカードローンの場合は、金利が最初は低く利用できても油断できないと考えられる商品なので、その辺は十分のじぶん銀行のカードローンを検討している場合は認識しなくてはいけない部分だと思います。

 

 

色々な面を含め、じぶん銀行のカードローンをみると魅力はそれなりにないとは言えない商品ですが、やはり金利がやや高めで尚且つ変動金利でいつ金利が変わるか分からないというのは、利用者側にとってあまり喜ばしい商品でない事は確かですが、審査としても比較的柔軟で携帯、パソコン、スマートフォン等からでも申込みは可能なため、利用はしやすい商品ではあると思います。

 

 

ただし、やはり借りる以上はこの金利も確実に支払う義務があるので、金利の部分も十分検討しじぶん銀行のカードローンは利用しなくてはいけません。

審査に自信のない人に優しいじぶん銀行カードローン

カードローンを利用にあたり、やはり審査を気にする方も多いと思います。

 

また昨今、不況の時代ですからお金の必要性もあり、尚且つお金のないという状況に至る方も少なくないと思います。

 

そんな場合は、多くが総量規制前にキャッシング等を重ね自己破産をしたという事も少なくないでしょうし、今もたくさんの借金を抱え毎月返済に追われているという方も多いと思います。

 

又そうした状況の方は、借金が多いのでまとめたくても中々まとめられないでいる状況に至っている事も多いと思います。

 

 

そんな方にまず検討していただきたいのが「審査の柔軟」なじぶん銀行のカードローンです。

 

 

じぶん銀行のカードローンは、最大限度額500万円と非常に大口のカードローンなので、おまとめ用途としても大いに利用可能なカードローンですし、加えて審査も柔軟でターゲット層も幅広いので、借入をまとめたいけど審査に自信がないという方に適しています。

 

ただしこの商品の特徴として「金利の高さ」があり、18%以内とはいえ略同率ですからそうした部分を考えると迷われてしまうかもしれませんが、金利の高さは、「融資の受け入れ枠の広さに比例」しているため「柔軟な審査」「優しい審査」で多くの利用者がいるわけです。

 

 

つまり審査の自身がない方こそ最適なカードローンがじぶん銀行のカードローンで、金利の高さは確かですが、融資額に応じ金利も異なりますので、まとめ目的に利用する場合カードローン限度額も高めになると思いますからこのじぶん銀行カードローンの金利である17.5%の金利は適用されないと思いますし、他ローンと同率で済むとも考えられます。

 

 

カードローンやキャッシングを利用する方の中には、やはりやむを得ず借金を増やしてしまったという方もおり、又そうした方は審査も銀行系のカードローンでは難しいのですが、同じ銀行系のカードローンであるじぶん銀行のカードローンなら借換え等の用途にも活用でき、審査も柔軟なので可決しやすいと思います。

 

 

ただし、可決は必ずしもではなく申込み者それぞれの属性により結果は異なりますので、その辺を含めカードローンの利用の際はよく検討し申込みを検討していただきたいと思います。